債務整理を名古屋でおこなう場合に知っておくと良いいろいろな情報

HOME>記事一覧>実際にどれくらいの費用がかかるかどのように進むかはケースによって違う

費用を知ろう

書類を書く

債務整理は今ある債務を整理する方法のことで、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産の4つから成り立っています。その人が置かれている状況によって選ぶものが変わってきますが、これをおこなえば借金の減額免除ができます。自分で手続きを全ておこなったりすることもできますが、その場合は収入印紙代などが必要となるだけです。ただ業者との交渉や裁判所への申請などは法的な知識があるほうが良いので、現在では弁護士や司法書士に費用を払っておこなう人が名古屋でも増えています。

費用の相場

弁護士バッジ

債務整理をおこなう場合、その内容によって払う金額が大きく変わり、例えば位に整理の場合は債権者ごとに費用が発生する形です。また個人再生や自己破産などは弁護士や司法書士に依頼する費用だけでなく、実際には裁判所などにかかる費用も発生します。ただこれは名古屋だけに限ったことではなく、全国で法律のプロに依頼するときには同様のことがいえます。

自分でおこなうよりも良い

例えば、名古屋でもよく行われている任意整理は手軽におこなえる債務整理の一つですが、その場合の費用は債務者の借金の総額によって変わってきます。ですが、費用を払ってでも利用したいという人が後をたたないのは、弁護士など法律のプロに相談するほうがスムーズに解決できるというメリットがあるからです。したがって、自分でなんとかしようとするよりもスムーズに解決できるということから高く評価されています。

費用は分割払いも可能

弁護士などに依頼する場合は、着手金や成功報酬などを払わなければならないので、借金のある人にとっては難しいと考えられがちです。しかし実は決してそういうわけではなく、実際には分割払いでその費用を払うこともできるとしている事務所が名古屋でも少なくありません。つまり、借金を自分で返済しながら弁護士や司法書士に債務整理の費用を払う事は十分可能となっています。

広告募集中