アポスティーユを取得するには手続きが必要となりますので、正しい方法を知っておきましょう。

HOME>アーカイブ>アポスティーユを取得するための方法を知ろう!

アポスティーユとは

登記簿謄本や戸籍謄本などの、公文書に対する外務省の証明であるアポスティーユを取得する方法を知っておきましょう。

アポスティーユを取得するための手続き方法

  • 外務省の窓口に行けば、申請した翌営業日に受取ることが可能です。
  • 外務省の窓口で申請をして郵送で受取ることも出来ます。
  • 郵送で申請をして郵送で受取ることも出来ます。
  • 公証役場で公証人による認証を取得しましょう。
  • 法務局で公証人押印証明を取得しましょう。
  • 外務省でアポスティーユを取得しましょう。
  • 公証役場は全国どこでも問題ありません。
  • 法務省は、その公証役場を管轄する法務局で申請しなくてはいけません。
  • 公証役場で認証を取得するには、必ず公証役場へ行かなくてはいけません。
  • 手続きには例外もありますので、きちんと事前に調べましょう。

領事の証明が不要となる

弁護士と天秤

日本の戸籍謄本や登記簿謄本などを外国人が見ても、本物かどうかを見分けることは簡単ではありません。そのためこのような公文書を外国へ提出するときは、まず外務省で公印確認を行い、さらに相手国の駐日領事が認証手続きをする必要があります。これは二重の手間になり時間もかかるので非常に面倒です。そこでハーグ条約加盟国相互の間では、外務省がアポスティーユという証明書を付けるだけで、領事の認証がなくても公文書として通用するようになっています。

私文書の証明にも使える

法律書

海外に定住して働きたいとか、外国に事務所を開設して駐在員を置きたいとかいうとき、最初の関門となるのが身元の証明です。どこの国でも適正な公文書を提出しなければ、簡単には受け入れてもらえません。企業の場合は、手続きに手間取っている間にビジネスチャンスを逸することもありえます。こうしたときはアポスティーユ取得の代行サービスを利用して、必要書類を迅速に揃えるのが有利となります。契約書や履歴書などの私文書も、公証を受けたものであればアポスティーユを付け、そのまま海外へ提出することが可能です。この場合は公証人役場と外務省を往復する必要がありますが、面倒ならすべての手続きを代行サービスに任せることもできます。

広告募集中