大阪の企業で残業代請求をする時は、確実に請求するための方法を知っておきましょう。

残業代を請求するために必要なもの

大阪の企業に対して残業代請求をする場合、残業代請求をするために必要なものをしっかりと準備しておきましょう。

確実に残業代を請求するための方法

no.1

未払い残業代を計算する

残業代が支払われていないことを証明するためにも、未払い残業代の計算を間違いなく行いましょう。

no.2

会社側と直接交渉をする

在職中の場合は、会社側と直接交渉をするという手段もあります。但し、ある程度会社側も譲歩ができる場合に限ります。

no.3

内容証明郵便で請求する

退職した後残業代請求を行う場合には、トラブルを避けるためにも内容証明郵便を使うことが殆どです。

no.4

労働基準監督署に申告する

残業代未払い問題は労働トラブルの中でも重要な問題のため、証拠がしっかりとあれば労働基準監督署に申告しましょう。

no.5

労働組合に相談するのも有効

一般労働組合との交渉は経営者にとって絶対避けたい事態のため、有効的だと言われています。

計算

泣き寝入りをしないで解決させよう

残業をしていても残業代を出してくれない企業があります。その場合、泣き寝入りをしてしまう人もたくさんいます。しかし残業代の不払いは法律に触れていることなので、自分のためだけではなく同じことを繰り返させないためにもしっかりと請求をしていくことが必要です。どれくらいの不払いがあるのか、まずは調べてみてその上で労働トラブルに詳しい専門家に相談をすると良いでしょう。大阪にも労働トラブルを専門に扱っている法律事務所があるので、足を運んでみるとよいです。証拠が揃っていれば、確実に残業代請求を行うことができますし、裁判になった場合には支払い命令が下ることになります。素人には分からないことがあるので、専門家に依頼をしたほうがスムーズに処理をすることができますし、必要な書類の作成も依頼をすることができるようになっています。

まずは相談しよう

残業代請求を行う場合、労働トラブルを専門に扱っている弁護士を探すのがもっともよい方法だと言えるでしょう。大阪にも専門の弁護士はたくさんいます。実際に依頼をしたことがある人の体験談を参考にして、依頼をする法律事務所を探してみるとよいでしょう。中には初回の相談は無料にしてくれるところもあります。無料相談を利用して、手続きの流れや必要となる書類の準備に関することなども教えてもらえることがあります。最初に弁護士に報酬をいくらぐらい支払うのかという話をしてくるのであれば、その弁護士は避けたほうがよいでしょう。親身になって相談に応じてくれるのかどうかという点が信頼できることに繋がります。いきなり裁判にするのではなく、内容証明など相手に書類を送付してその上で支払に応じれば問題もスムーズに解決させることができます。

広告募集中